Googleが新たなインデックスシステムの導入を予告している。
このインデックスシステムは"Passage-Based Indexing"、つまり「パッセージ単位でのインデックス」と呼ばれている。
これは記事中にクエリに該当する箇所があればそれをターゲットとしてインデックスするというもので、記事がクエリに最適化されていなくても、本文中にクエリの検索意図を満たすものがあればそれを捉えて記事単位でインデックスできるようになる。
つまりこれまでのように、記事がクエリに最適化されていることが必ずしもSEO的に効果が高いとは限らなくなるということだ。
むしろ網羅性の高い記事がこれまで以上に有利になるのではないかと見られている。

これを聞いてまず思い浮かべたのは、Wikipediaだ。
特定の事柄に関しては1つのページに情報が網羅的に記述されており、小さなテーマごとにページが分かれることはない。

Passage-Based Indexingは全ての検索結果に適用されるわけではなく部分的な反映にとどまるようだが、効果が高ければ当然適用範囲を広げていくだろう。
これはBERTの例を見ても明らかだ。

つまりこれからの情報は、結晶のような完全無欠の情報体としてこれまで以上に作り込んでいかなければならなくなるのかもしれない。
その労力たるや相当のものだろう。
何せWikipediaだからだ。


また一つ懸念としてあるのが、そのような方向にコンテンツ作りが向かった場合、そのインデックスシステムをかまさないとユーザーとしては使いづらくなるのではないかということだ。
1ページの情報量はこれまで以上に膨れ上がっていくわけなので、当然目的の箇所にたどり着くまでにページ内検索が必要となるし、より一層面倒になる。
つまり該当の箇所を探すという行為すらGoogle任せにさせようとしているのではないか。

対抗馬として期待されるアップルが検索システムに対してどのような理念を抱いているのかはわからないが、もし思うものが違うとすれば、それぞれの評価軸は異なってくるのかもしれない。
もしかすると、アフィリエイター、ブロガー側も作るコンテンツを作り分けなくてはならなくなるのかもしれないが、そうなると当然個人は手が回らず脱落していくプレイヤーは増えるだろう。